Menu

業者に出すときの注意点

男女

交換も考慮して業者に依頼

冬場などに給湯器が故障してしまうと非常に困ったことになります。修理となったときに焦らないためにも、基本的なポイントについては知っておくとよいでしょう。まず給湯器を使用している期間によって、修理と交換のどちらがよいかは変わってきます。八年以内であれば修理してもらう方がお得になることが多いです。保証期間内に入っていることが多く、機器としても新しい方なので故障の度合いとしては軽度なことが多いためです。そのため修理費用も安価であることが多く、保証期間内ということでさらに安くすむこともありえます。逆に九年以上使っている場合は、交換も考慮にいれるべきでしょう。機器も古くなってきているので費用がかさむこともありえますし、保証期間外となることが多いので安くなることもあまり考えられません。古くなると交換するパーツが廃盤になっていることもあります。そのため新しいものに代えた方が割安かつ利便性が高くなることが多いのです。また給湯器の修理業者を選ぶときは信頼性とアフターフォロー、サービスの充実度などをチェックして選びましょう。一度給湯器が直ったように見えても、すぐにまた動かなくなることもあります。そのようなことになってもきちんとフォローしてくれるかを確認しましょう。給湯器の修理は緊急度が高いので、すぐに連絡が付きすぐに修理してくれるかもポイントです。電話対応の丁寧さなども会社の姿勢に関係してくるのでチェックしておきましょう。